[ホーム]>>>  [商品]>>>  [牛乳] [パン] [めん]  [米飯] [脱脂粉乳] [一般物資]


神奈川県学校給食用米飯の概要


学校給食用米飯の規格

子供たちの健全な発育を願い、当会で供給する学給米飯について規格を定めています。当会が提供する学給米飯はこの規格書をもとにして委託先の米飯工場で製造し、学校へ納品しています。

ページトップへ


学校給食用米飯の種類と価格

ページトップへ


学校給食用米飯の材料について

 学校給食用米飯(精米)は地産地消の観点から、神奈川県産米を優先的に使用しています。

ページトップへ


レシピほか

 

ページトップへ


学校給食用米飯のアレルギー物質について

当会で供給している米飯に関して、製造工場ごとのアレルギー物質の情報は下記のとおりとなります。(平成29年10月7日現在)

 

メーカー名 注意喚起表示等(1) 準原材料(2)   規格書
横浜綜合パン(株) 乳、小麦、大豆 米飯A
     
(有)福一ベーカリー 大豆
稲田製パン(資) 大豆
(株)富士ベーカリー 大豆
     
(株)むらせフードサービス 乳、小麦、大豆、鶏肉
     
長後製パン(株)
(有)吾妻堂(相模原)
(有)盛月堂
(株)栄屋製パン 小麦、大豆、鶏肉、豚肉、ごま
(有)吾妻堂(二宮)
(株)石田為吉商店 小麦、えび、かに、大豆、鶏肉、まつたけ、ごま
(株)東華軒 小麦、さけ、さば、大豆、牛肉、鶏肉、豚肉、ゼラチン
(株)さがみや 卵、小麦、えび、さけ、大豆、鶏肉、豚肉、まつたけ、ごま
(株)山路フードシステム(相模原工場)

1 注意喚起表示等・・・十分な対策を図っても、コンタミネーションの可能性を排除できない場合に表示

2 準原材料・・・当該工場で混入される原料、または十分な対策を図っても、必ず混入する成分を表示

ページトップへ


学校給食用米のアレルギー物質について

当会で供給している白米に関して、製造工場ごとのアレルギー物質の情報は下記のとおりとなります。(平成29年10月7日現在)

 

メーカー名 注意喚起表示等(1) 準原材料(2)   規格書
全農パールライス(株)神奈川工場 精米

無洗米

北相米穀株式会社
株式会社ミツハシ

1 注意喚起表示等・・・十分な対策を図っても、コンタミネーションの可能性を排除できない場合に表示

2 準原材料・・・当該工場で混入される原料、または十分な対策を図っても、必ず混入する成分を表示

ページトップへ


米・大麦の産地及び放射能情報

 

米粒麦(普通品・強化品)の産地について(パン用の小麦ではありません)

○産地は仕入の直前に確定します。
○当会、米飯工場および学校における在庫の状況により今月分を来月に使用したり、来月分を今月に使用することがあります。
○川崎市、横須賀市でも追加発注等にはその他地域向け普通品を使用することがあります。

平成29年9月25日現在

普通品

強化品

川崎市

横須賀市(養護除く)

その他地域

県内全域

29年10月用

28年福井 28年福井 28年福井 27年香川、28年石川

29年9月用

28年福井 28年福井 28年福井 28年長野、福井、石川

29年8月用

28年福井 28年福井 28年福井 27年香川、長野

29年7月用

28年福井 28年福井 28年福井 27年香川、長野

29年6月用

28年福井 28年福井 28年福井 27年香川

29年5月用

28年福井 28年福井 28年福井 27年香川

29年4月用

28年福井 28年福井 28年福井 27年富山、香川

29年3月用

28年福井 28年福井 28年福井 27年富山、27年愛媛、27年香川

29年2月用

28年福井 28年福井 28年福井 27年富山

29年1月用

28年福井 27年長野、28年福井 27年長野、28年福井 27年富山・新潟ブレンド

過去の分へ

 

神奈川県産新米について(平成29年11月以降の29年神奈川県産米)

11月より県内全域で29年神奈川県産米の使用が始まります。放射能検査につきましては神奈川県が順次玄米の検査を行い安全性を確認しておりますので、当会は県央伊勢原市の精米を検査して29年神奈川県産米の検査を終了しました。来年以降使用が予定される他県産米については後日検査を行います。


 

検査品

分析試験結果[Bq(ベクレル)/s]

放射性ヨウ素

放射性セシウム134

放射性セシウム137

精白米(伊勢原市

検出せず

検出せず

検出せず

検査日: 平成29年9月28日
検査機関: 民間検査機関
試験方法: ゲルマニウム半導体検出器による方法
検出限界: 各項目 2Bq(ベクレル)/kg

 

米粉パンの米粉の原料米について(平成27年新潟県産米)

平成29年4月から、26年産米から27年産米に切り替わります。産地は新潟県の主に胎内市、製造工場の所在地は新潟県胎内市です。
放射性物質については製造会社にて検査を実施し、問題がない結果であることを確認しております。

検査品

分析試験結果[Bq(ベクレル)/s]

放射性セシウム134

放射性セシウム137

米粉ミックスA

検出せず(検出下限2Bq/kg

検出せず(検出下限2Bq/kg

米粉ミックスB

検出せず(検出下限2Bq/kg

検出せず(検出下限2Bq/kg

※AとBは加水率が違う製品で、配合規格は全く同じです。ほとんどの場合、米粉Bを使用しています。

検査日: 平成29年3月8日
検査機関: 民間検査機関
試験方法: ゲルマニウム半導体検出器による方法

 

山形県産米(鶴岡市)について(平成29年4月以降使用予定分)

放射能検査結果につきましては下記のとおりとなります。

検査品

分析試験結果[Bq(ベクレル)/s]

放射性ヨウ素

放射性セシウム134

放射性セシウム137

精白米(28年産はえぬき、鶴岡市

検出せず

検出せず

検出せず

検査日: 平成28年11月24日
検査機関: 民間検査機関
試験方法: ゲルマニウム半導体検出器による方法
検出限界: 各項目 2Bq(ベクレル)/kg

 

玄米パンの玄米について(平成28年秋田県産米)

平成28年11月中に平成28年秋田県産米(あきたこまち)に切り替え予定です。放射能検査結果につきましては秋田県のホームページをご覧ください。

 

胚芽米の放射能検査結果について(平成28年秋田県産米)

平成28年10月中に平成28年秋田県産米(あきたこまち)に切り替え予定です。放射能検査結果につきましては秋田県のホームページをご覧ください。

 

神奈川県産新米について(平成28年11月以降の28年神奈川県産米)

11月より県内全域で28年神奈川県産米の使用が始まります。放射能検査につきましては神奈川県が順次玄米の検査を行い安全性を確認しておりますので、当会は県央伊勢原市の精米を検査して28年神奈川県産米の検査を終了しました。来年以降使用が予定される他県産米については後日検査を行います。


 

検査品

分析試験結果[Bq(ベクレル)/s]

放射性ヨウ素

放射性セシウム134

放射性セシウム137

精白米(伊勢原市

検出せず

検出せず

検出せず

検査日: 平成28年10月7日
検査機関: 民間検査機関
試験方法: ゲルマニウム半導体検出器による方法
検出限界: 各項目 2Bq(ベクレル)/kg

 

米粉パンの米粉の原料米について(平成26年新潟県産米)

平成28年7月中に24年産米から26年産米に切り替わります。産地は新潟県の主に胎内市、製造工場の所在地は新潟県胎内市です。
放射性物質については製造会社にて検査を実施し、問題がない結果であることを確認しております。

検査品

分析試験結果[Bq(ベクレル)/s]

放射性セシウム134

放射性セシウム137

米粉ミックスA

検出せず(検出下限2Bq/kg

検出せず(検出下限2Bq/kg

米粉ミックスB

検出せず(検出下限2Bq/kg

検出せず(検出下限2Bq/kg

※AとBは加水率が違う製品で、配合規格は全く同じです。ほとんどの場合、米粉Bを使用しています。

検査日: 平成28年5月24日
検査機関: 民間検査機関
試験方法: ゲルマニウム半導体検出器による方法

 

過去の検査についてはこちらをご覧ください。

 

ページトップへ


Copyright(c) 2004-2017 公益財団法人神奈川県学校給食会 All rights reserved.
info@kanakyu.or.jp