[1つ上へ]       [米放射能検査他]  


米・大麦の産地及び放射能情報(過去の分)

米粒麦(普通品・強化品)の産地について(パン用の小麦ではありません)

○産地は仕入の直前に確定します。
○当会、米飯工場および学校における在庫の状況により今月分を来月に使用したり、来月分を今月に使用することがあります。
○川崎市、横須賀市、三浦市でも追加発注等にはその他地域向け普通品を使用することがあります。
 

普通品

強化品

川崎市

横須賀市(養護除く)、三浦市

その他地域

県内全域

28年12月用

27年長野、28年福井 27年長野 27年長野、28年福井 27年富山・新潟ブレンド

28年11月用

27年長野 27年長野 27年長野 27年富山・新潟ブレンド

28年10月用

27年福井 27年福井 27年福井、27年長野 27年富山・新潟ブレンド

28年9月用

27年福井 27年福井 27年福井 26年福井、27年滋賀

28年7月用

27年福井 27年福井 27年福井 26年福井

28年6月用

27年福井 27年福井 27年福井 26年福井

28年5月用

27年福井 27年福井 27年福井 26年福井

28年4月用

27年福井 27年福井 27年福井 26年長野、福井

28年3月用

27年福井 27年福井 27年福井 26年長野

28年2月用

27年福井、富山 27年福井 27年福井・富山ブレンド、27年福井、富山 27年福井、26年長野

28年1月用

26年富山、27年福井 26年富山 26年富山、27年福井 26年福井

27年12月用

26年富山 26年富山 26年富山 26年福井、富山

27年11月用

26年福井、富山 26年福井、富山 26年福井、富山 26年福井

27年10月用

26年福井 26年福井 26年福井 26年福井

27年9月用

26年福井 26年福井 26年福井 26年福井

27年7月用

26年福井 26年福井 26年福井 26年富山、26年福井

27年6月用

26年福井 26年福井 26年福井 26年富山

27年5月用

26年福井 26年福井 26年福井 26年富山

27年4月用

26年福井 26年福井 26年福井 26年富山

27年3月用

26年福井 26年福井 26年福井 25年福井、25年長野・愛媛ブレンド

27年2月用

26年福井 26年福井 26年福井 25年福井、25年長野・愛媛ブレンド、26年富山

27年1月用

25年福井 25年福井 25年福井 25年福井

26年12月用

25年福井 25年福井 25年福井 25年福井

26年11月用

25年福井 25年福井 25年福井 25年長野、25年福井

26年10月用

25年福井 25年福井 25年福井 25年長野、25年福井

26年9月用

25年福井 25年福井 25年福井 25年長野、25年福井

26年7月用

25年福井 25年福井 25年福井 25年長野

26年6月用

25年福井 25年福井 25年福井 25年長野

26年5月用

25年福井 25年福井 25年福井 25年長野

26年4月用

25年福井 25年福井 25年福井 25年長野

26年3月用

25年福井 25年福井 25年福井 25年富山

26年2月用

25年福井 25年福井 25年福井 25年富山

26年1月用

25年福井 25年福井 24年、25年福井 24年福井、25年富山

25年12月用

24年福井 24年福井 24年福井 24年福井

25年11月用

24年福井 24年福井 24年福井 24年福井

25年10月用

24年福井 24年福井 24年福井 24年富山、福井

25年9月用

24年福井 24年福井 24年福井 24年富山

25年7月用

24年福井 24年福井 24年福井 24年富山

25年6月用

24年福井 24年福井 24年福井 24年富山

25年5月用

24年福井 24年福井 24年福井 23年、24年新潟

25年4月用

24年福井 24年福井 24年福井 23年新潟

25年3月用

24年富山 24年富山 24年福井、富山 23年新潟

25年2月用

24年福井 24年福井 24年福井 23年新潟

25年1月用

23年滋賀、24年福井 23年滋賀 23年滋賀、24年福井 23年新潟

24年12月用

24年福井 24年福井 24年福井 23年新潟

24年11月用

23年石川、滋賀、福井 23年滋賀、福井 23年福井、石川 23年新潟
         

24年10月用

23年福井、富山 23年福井 23年福井、富山 23年新潟

24年9月用

23年滋賀、福井 23年滋賀、福井 23年滋賀(追加仕入)
23年福井、石川
22年滋賀 23年新潟

24年7月用

23年福井 23年福井 23年福井 22年滋賀

24年6月用

23年福井 23年福井 23年福井 22年滋賀(追加仕入)
22年三重、石川、富山

24年5月用

23年福井

23年福井

23年三重、福井

22年三重、石川、富山

 

 

山形県産米(JA山形もがみ)について(平成28年4月以降使用分)

放射能検査結果につきましては下記のとおりとなります。

検査品

分析試験結果[Bq(ベクレル)/s]

放射性ヨウ素

放射性セシウム134

放射性セシウム137

精白米(27年産はえぬき、JA山形もがみ

検出せず

検出せず

検出せず

検査日: 平成28年1月14日
検査機関: 民間検査機関
試験方法: ゲルマニウム半導体検出器による方法
検出限界: 各項目 2Bq(ベクレル)/kg

 

埼玉県産米(JA熊谷JAほくさい)について(平成28年4月以降使用分)

放射能検査結果につきましては下記のとおりとなります。

検査品

分析試験結果[Bq(ベクレル)/s]

放射性ヨウ素

放射性セシウム134

放射性セシウム137

精白米(27年産彩のきずな、JA熊谷JAほくさい

検出せず

検出せず

検出せず

検査日: 平成28年1月8日
検査機関: 民間検査機関
試験方法: ゲルマニウム半導体検出器による方法
検出限界: 各項目 2Bq(ベクレル)/kg

 

山形県産米(鶴岡市、三川町)について(平成28年4月以降使用分)

放射能検査結果につきましては下記のとおりとなります。

検査品

分析試験結果[Bq(ベクレル)/s]

放射性ヨウ素

放射性セシウム134

放射性セシウム137

精白米(27年産はえぬき、鶴岡市、三川町

検出せず

検出せず

検出せず

検査日: 平成27年11月27日
検査機関: 民間検査機関
試験方法: ゲルマニウム半導体検出器による方法
検出限界: 各項目 2Bq(ベクレル)/kg

 

玄米パンの玄米について(平成27年秋田県産米)

平成27年10月中に平成27年秋田県産米(あきたこまち)に切り替え予定です。放射能検査結果につきましては秋田県のホームページをご覧ください。

 

胚芽米の放射能検査結果について(平成27年秋田県産米)

平成27年10月中に平成27年秋田県産米(あきたこまち)に切り替え予定です。放射能検査結果につきましては秋田県のホームページをご覧ください。

 

神奈川県産新米について(平成27年11月以降の27年神奈川県産米)

11月より県内全域で27年神奈川県産米の使用が始まります。放射能検査につきましては神奈川県が順次玄米の検査を行い安全性を確認しておりますので、当会は県央伊勢原市の精米を検査して27年神奈川県産米の検査を終了しました。来年以降使用が予定される他県産米については後日検査を行います。


 

検査品

分析試験結果[Bq(ベクレル)/s]

放射性ヨウ素

放射性セシウム134

放射性セシウム137

精白米(伊勢原市

検出せず

検出せず

検出せず

検査日: 平成27年10月2日
検査機関: 民間検査機関
試験方法: ゲルマニウム半導体検出器による方法
検出限界: 各項目 2Bq(ベクレル)/kg

 

埼玉県産米について(平成27年4月以降使用分)

放射能検査結果につきましては下記のとおりとなります。

検査品

分析試験結果[Bq(ベクレル)/s]

放射性ヨウ素

放射性セシウム134

放射性セシウム137

精白米(26年産彩のきずな、JA熊谷

検出せず

検出せず

検出せず

検査日: 平成27年1月19日
検査機関: 民間検査機関
試験方法: ゲルマニウム半導体検出器による方法
検出限界: 各項目 2Bq(ベクレル)/kg

 

山形県産米(JA山形もがみ)について(平成27年4月以降使用分)

放射能検査結果につきましては下記のとおりとなります。

検査品

分析試験結果[Bq(ベクレル)/s]

放射性ヨウ素

放射性セシウム134

放射性セシウム137

精白米(26年産はえぬき、JA山形もがみ

検出せず

検出せず

検出せず

検査日: 平成27年1月17日
検査機関: 民間検査機関
試験方法: ゲルマニウム半導体検出器による方法
検出限界: 各項目 2Bq(ベクレル)/kg

 

山形県産米(鶴岡市、三川町)について(平成27年4月以降使用分)

放射能検査結果につきましては下記のとおりとなります。

検査品

分析試験結果[Bq(ベクレル)/s]

放射性ヨウ素

放射性セシウム134

放射性セシウム137

精白米(26年産はえぬき、鶴岡市、三川町

検出せず

検出せず

検出せず

検査日: 平成26年11月12日
検査機関: 民間検査機関
試験方法: ゲルマニウム半導体検出器による方法
検出限界: 各項目 2Bq(ベクレル)/kg

 

米粉パンの米粉の原料米について(平成24年新潟県産米)

平成26年11月現在、24年新潟県産米を使用しております。23年産米から切り替わったばかりですので、しばらく24年産の使用が続きます。産地は新潟県の主に新潟市、胎内市、新発田市、製造工場の所在地は新潟県胎内市です。放射性物質については製造会社にて検査を実施し、問題がない結果であることを確認しております。

検査品

分析試験結果[Bq(ベクレル)/s]

放射性セシウム134

放射性セシウム137

米粉ミックスB

検出せず(検出下限2Bq/kg

検出せず(検出下限3Bq/kg

※AとBは加水率が違う製品で配合規格は全く同じです。ほとんどの場合Bを使用していますが、一部でAを使用する場合もあります。使用原料米は同一であることから、Bの検査結果でAの安全性も確認ができます。

検査日: 平成26年9月4日
検査機関: 民間検査機関
試験方法: ゲルマニウム半導体検出器による方法

 

玄米パンの玄米について(平成26年秋田県産米)

平成26年秋田県産米(あきたこまち)を使用しております。放射能検査結果につきましては秋田県のホームページをご覧ください。

 

胚芽米の放射能検査結果について(平成26年秋田県産米)

平成26年秋田県産米(あきたこまち)を使用しております。放射能検査結果につきましては秋田県のホームページをご覧ください。

 

神奈川県産新米について(平成26年11月以降の26年神奈川県産米)

11月より県内全域で26年神奈川県産米の使用が始まります。放射能検査につきましては神奈川県が順次玄米の検査を行い安全性を確認しておりますので、当会は県央伊勢原市の精米を検査して26年神奈川県産米の検査を終了しました。来年以降使用が予定される他県産米については後日検査を行います。


 

検査品

分析試験結果[Bq(ベクレル)/s]

放射性ヨウ素

放射性セシウム134

放射性セシウム137

精白米(伊勢原市

検出せず

検出せず

検出せず

検査日: 平成26年10月6日
検査機関: 民間検査機関
試験方法: ゲルマニウム半導体検出器による方法
検出限界: 各項目 2Bq(ベクレル)/kg

 

山形県産米について(平成26年4月以降使用分)

放射能検査結果につきましては下記のとおりとなります。下記山形県産米とは別の地域のものとなります。 今後買い入れを予定している鶴岡市を含むJA庄内たがわ分についても当検査で代用します。

 

検査品

分析試験結果[Bq(ベクレル)/s]

放射性ヨウ素

放射性セシウム134

放射性セシウム137

精白米(25年産はえぬき、鶴岡市

検出せず

検出せず

検出せず

検査日: 平成26年3月24日
検査機関: 民間検査機関
試験方法: ゲルマニウム半導体検出器による方法
検出限界: 各項目 2Bq(ベクレル)/kg

 

埼玉県産米について(平成26年4月以降使用分)

平成26年4月以降埼玉県産米の使用が始まります。放射能検査結果につきましては下記のとおりとなります。

 

検査品

分析試験結果[Bq(ベクレル)/s]

放射性ヨウ素

放射性セシウム134

放射性セシウム137

精白米(25年産彩のみのり、コシヒカリ、熊谷市、加須市、羽生市

検出せず

検出せず

検出せず

検査日: 平成26年3月14日
検査機関: 民間検査機関
試験方法: ゲルマニウム半導体検出器による方法
検出限界: 各項目 2Bq(ベクレル)/kg

 

山形県産米について(平成26年4月以降使用分)

平成26年4月以降山形県産米の使用が始まります。放射能検査結果につきましては下記のとおりとなります。

 

検査品

分析試験結果[Bq(ベクレル)/s]

放射性ヨウ素

放射性セシウム134

放射性セシウム137

精白米(25年産はえぬき、JA山形もがみ

検出せず

検出せず

検出せず

検査日: 平成25年12月4日
検査機関: 民間検査機関
試験方法: ゲルマニウム半導体検出器による方法
検出限界: 各項目 2Bq(ベクレル)/kg

 

玄米パンの玄米について(平成25年秋田県産米)

平成25年秋田県産米(あきたこまち)を使用しております。放射能検査結果につきましては秋田県のホームページをご覧ください。
 

胚芽米の放射能検査結果について(平成25年秋田県産米)

平成25年秋田県産米(あきたこまち)を使用しております。放射能検査結果につきましては秋田県のホームページをご覧ください。
 

神奈川県産新米について(平成25年11月以降の25年神奈川県産米)

11月より県内全域で25年神奈川県産米の使用が始まります。放射能検査につきましては神奈川県が順次玄米の検査を行い安全性を確認しておりますので、当会は県央伊勢原市の精米を検査して25年神奈川県産米の検査を終了しました。来年以降使用が予定される他県産米については後日検査を行います。

神奈川県が実施した検査につきましてはこちらをご覧ください。
 

検査品

分析試験結果[Bq(ベクレル)/s]

放射性ヨウ素

放射性セシウム134

放射性セシウム137

精白米(伊勢原市

検出せず

検出せず

検出せず

検査日: 平成25年10月4日
検査機関: 民間検査機関
試験方法: ゲルマニウム半導体検出器による方法
検出限界: 各項目 2Bq(ベクレル)/kg

 

山形県産米の放射能検査結果について

平成25年6月ごろより一部のとう精工場(株式会社フジサワ)を除き、24年山形県産はえぬきの使用が始まります。下記のとおり放射能検査を実施しましたのでお知らせします。
 

検査品

分析試験結果[Bq(ベクレル)/s]

放射性ヨウ素

放射性セシウム134

放射性セシウム137

精白米(JAさがえ西村山 検出せず 検出せず 検出せず
検査日: 平成25年3月27日
検査機関: 民間検査機関
試験方法: ゲルマニウム半導体検出器による方法
検出限界: 各項目 5Bq(ベクレル)/kg

 

埼玉県産米の放射能検査結果について

平成25年5月ごろより一部のとう精工場(株式会社フジサワ)を除き、24年埼玉県産コシヒカリの使用が始まります。下記のとおり放射能検査を実施しましたのでお知らせします。
 

検査品

分析試験結果[Bq(ベクレル)/s]

放射性ヨウ素

放射性セシウム134

放射性セシウム137

精白米(埼玉県羽生市 検出せず 検出せず 検出せず
精白米(埼玉県加須市 検出せず 検出せず 検出せず
精白米(埼玉県久喜市 検出せず 検出せず 検出せず
精白米(埼玉県宮代町 検出せず 検出せず 検出せず
検査日: 平成25年4月12日
検査機関: 民間検査機関
試験方法: ゲルマニウム半導体検出器による方法
検出限界: 各項目 5Bq(ベクレル)/kg

 

埼玉県産米の放射能検査結果について

平成25年3月より一部のとう精工場(株式会社フジサワ)を除き、主に精米として24年埼玉県産彩のみのりの使用が始まります。下記のとおり放射能検査を実施しましたのでお知らせします。
 

検査品

分析試験結果[Bq(ベクレル)/s]

放射性ヨウ素

放射性セシウム134

放射性セシウム137

精白米(埼玉県熊谷市

検出せず

検出せず

検出せず

検査日: 平成25年2月7日
検査機関: 民間検査機関
試験方法: ゲルマニウム半導体検出器による方法
検出限界: 各項目 5Bq(ベクレル)/kg

 

米粉パンの米粉の原料米について(平成23年新潟県産米)

平成25年1月現在、23年新潟県産米を使用しております。22年産米から切り替わったばかりですので、しばらく23年産の使用が続きます。産地は新潟県の主に新潟市、胎内市、新発田市、製造工場の所在地は新潟県胎内市です。放射性物質については製造会社にて検査を実施し、問題がない結果であることを確認しております。

検査品

分析試験結果[Bq(ベクレル)/s]

放射性セシウム134

放射性セシウム137

米粉ミックスA

検出せず(検出下限5Bq/kg

検出せず(検出下限4Bq/kg

米粉ミックスB

検出せず(検出下限5Bq/kg

検出せず(検出下限4Bq/kg

※AとBは加水率が違う製品で、配合規格は全く同じです。ほとんどの場合、米粉Bを使用しています。

検査日: 平成24年11月6日
検査機関: 民間検査機関
試験方法: ゲルマニウム半導体検出器による方法

 

玄米パンの玄米について(平成24年秋田県産米)

平成24年秋田県産米(あきたこまち)を使用しております。放射能検査結果について下記のとおりお知らせします。
 

検査品

分析試験結果[Bq(ベクレル)/s]

放射性ヨウ素

放射性セシウム134

放射性セシウム137

玄米(秋田県

検出せず

検出せず

検出せず

検査日: 平成24年10月5日
検査機関: 民間検査機関
試験方法: ゲルマニウム半導体検出器による方法
検出限界: 各項目 5Bq(ベクレル)/kg

 

胚芽米の放射能検査結果について(平成24年秋田県産米)

取り扱っている胚芽米の放射能検査結果について下記のとおりお知らせします。
 

検査品

分析試験結果[Bq(ベクレル)/s]

放射性ヨウ素

放射性セシウム134

放射性セシウム137

胚芽米(秋田県

検出せず

検出せず

検出せず

検査日: 平成24年10月26日
検査機関: 民間検査機関
試験方法: ゲルマニウム半導体検出器による方法
検出限界: 各項目 5Bq(ベクレル)/kg

 

神奈川県産新米の提供が始まります。(平成24年11月以降の24年神奈川県産米)

11月より県内全域で24年神奈川県産米の使用が始まります。放射能検査につきましてはすでに神奈川県が県内8ヶ所で玄米の放射能検査を行い安全性を確認しておりますので、当会は伊勢原市の精米を検査して24年神奈川県産米の検査を終了しました。来年以降使用が予定される他県産米については後日検査を行います。

神奈川県が実施した検査につきましてはこちらをご覧ください。
 

検査品

分析試験結果[Bq(ベクレル)/s]

放射性ヨウ素

放射性セシウム134

放射性セシウム137

精白米(伊勢原市

検出せず

検出せず

検出せず

検査日: 平成24年10月10日
検査機関: 民間検査機関
試験方法: ゲルマニウム半導体検出器による方法
検出限界: 各項目 5Bq(ベクレル)/kg

 

9月、10月に使用する他県産米について 2報 (平成24年9月、10月使用分)

 9月中にJAかとり(香取市、成田市、神崎町、東庄町)の米を使用することとなりました。すでに検査を行った香取市を除く3市町の中から 成田市を選択して検査を行い下記の結果を得ましたのでお知らせします。

検査品

分析試験結果[Bq(ベクレル)/s]

放射性ヨウ素

放射性セシウム134

放射性セシウム137

精白米(JAかとり

検出せず

検出せず

検出せず

検査日: 平成24年9月11日
検査機関: 民間検査機関
試験方法: ゲルマニウム半導体検出器による方法
検出限界: 各項目 5Bq(ベクレル)/kg

 

9月、10月に使用する他県産米について(平成24年9月、10月使用分)

 不足していた9月-10月の他県産米の産地銘柄が決定いたしましたのでお知らせします。
 両月は23年神奈川県産とあわせ、24年千葉県産ふさこがねで供給する予定です。収穫状況によっては産地が変更となったり、銘柄が変更となることもあります。
 産地はJA佐原(香取市)、JAかとり(香取市、成田市、神崎町、東庄町)を予定しています。当面はJA佐原の米を使用するため、下記のとおり放射能検査を行いました。JAかとりにつきましては使用が確実となった時点で香取市を除く3市町の中から1点の検査を行う予定です。

検査品

分析試験結果[Bq(ベクレル)/s]

放射性ヨウ素

放射性セシウム134

放射性セシウム137

精白米(JA佐原

検出せず

検出せず

検出せず

検査日: 平成24年8月24日
検査機関: 民間検査機関
試験方法: ゲルマニウム半導体検出器による方法
検出限界: 各項目 5Bq(ベクレル)/kg

 

平成23年産他県産米の放射能検査結果について

検査品

分析試験結果[Bq(ベクレル)/s]

放射性ヨウ素

放射性セシウム134

放射性セシウム137

精白米(熊谷市産

検出せず

検出せず

検出せず

精白米(上里町産

検出せず

検出せず

検出せず

検査日: 平成24年2月1日
検査機関: 民間検査機関
試験方法: ゲルマニウム半導体検出器による方法
検出限界: 各項目 10Bq(ベクレル)/kg

 

平成23年産神奈川県産米の放射能検査結果について

 

検査品

分析試験結果[Bq(ベクレル)/s]

放射性ヨウ素

放射性セシウム134

放射性セシウム137

精白米(藤沢市産

検出せず

検出せず

検出せず

精白米(平塚市産

検出せず

検出せず

検出せず

精白米(相模原市産)

検出せず

検出せず

検出せず

精白米(秦野市産

検出せず

検出せず

検出せず

精白米(厚木市産

検出せず

検出せず

検出せず

精白米(伊勢原市産)

検出せず

検出せず

検出せず

精白米(海老名市産)

検出せず

検出せず

検出せず

精白米(開成町産

検出せず

検出せず

検出せず

検査日: 平成23年9月12日
検査機関: 民間検査機関
試験方法: ゲルマニウム半導体検出器による方法
検出限界: 各項目 10Bq(ベクレル)/kg

ページトップへ


Copyright(c) 2004-2017 公益財団法人神奈川県学校給食会 All rights reserved.
info@kanakyu.or.jp